BLコミックスを2人の視点で感想をかいていくブログ。好きな作家さんは被るけど読み方や捉え方は違う!?

「月の街、花の都」1巻発売記念 『千葉リョウコの世界』に行ってきました♪

WRITER
 
千葉リョウコの世界 イベント
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!Rinです☆

昨日、千葉リョウコ先生のドローイング&サイン会に行って来ましたー!

とっても楽しかったです♪

その前に展示の内容が前期と後期で入れ替わると聞いていたので、実は先週前半の展示も観に行っていました☆

まずは前期の展示の様子などをレポしたいと思います(^^)/

 

『千葉リョウコの世界』

 

千葉リョウコの世界 イベント

 

▼開催日時&会場

📅 2019年2月15日(金)~ 2月24日(日) OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

🏢 マンガ展 space TORICO (株式会社TORICO 1Fイベントスペース)

東京都千代田区飯田橋2-3-6  ※入場無料

 

展示内容

〇複製原画の展示

〇秋田書店「月の街、花の都」を中心に芳文社・竹書房・ポプラ社 各出版社複製原画やネームを展示

etc… ※前期後期で展示入れ替え

 

展示の様子(前期)

 

月の街、花の都 ①

 

月の街、花の都 展示

月の街、花の都 展示

月の街、花の都 展示

月の街、花の都 展示

月の街、花の都 展示

月の街、花の都 展示

 

ところどころに先生のコメントやちょっとした裏話も☆

 

月の街、花の都 展示

 

サイン会で本を受け取るので、このときはまだ「月の街、花の都」は読んでいませんでした。

なのでストーリーはちゃんとわかってなかったのですが、ロン毛のハーフアップ大好きマンなのでケイに射抜かれました♡(´∀`*)ウフフ

 

月の街、花の都 展示

 

後ろの複製原画は、このイベントでグッズ販売されている「月の街、花の都」の同人誌のもの。

手前のテーブルにはサイン会でのキャラリク表や先生の1日の生活スタイルを大公開!!

 

★☆★☆★

 

ここからは、前期・後期で共通の展示でした!

 

出版社シリーズ

 

千葉リョウコ 出版社シリーズ 展示

千葉リョウコ 出版社シリーズ 展示

ワーカーホリックベイビー 展示

 

シリーズ作品なんですね!

①「宝物見つけました

②「編集長を好きになったワケですが。

③「トキメキ、タメイキ、ルームシェア

④「ワーカホリックベイビー

シリーズものとは知らずに先走って「ワーカーホリックベイビー」だけを購入しちゃいました。

これよくやるパターン(笑)

出版社を舞台にした大人気シリーズ☆

おもしろそう!!(#^^#)

 

無口でデカイ図体のエロ漫画雑誌編集者の仁井名は、美人だけど辛辣な年上の社内デザイナー・瀬田に乗っかられ、深夜の社内で抱いてしまう。しかし翌朝、「全部忘れてくれ」と懇願されて……!? 出版社で巻き起こる3カップル恋物語!!

 

 

「Knife」

 

千葉リョウコ 続きはまた夜に Knife 展示

千葉リョウコ 続きはまた夜に Knife 展示

千葉リョウコ 続きはまた夜に Knife 展示

 

刑事ものです!イチオシ◎

「続きはまた夜に」と「knife」の2冊を併せて是非にっ★(≧▽≦)

 

売れっ子ホストの阿久沢文(あくさわ・ふみ)と刑事の二神崇晴(ふたがみ・たかはる)は、学生時代の同級生で元恋人。2年前に再会した夜、誘い誘われるままにカラダを重ねてからは、たまに会ってセックスするだけの割り切ったオトナの関係を続けている。心の中では未だに互いを想い合いながらも、臆病すぎてすれ違う2人。でも、気持ちを押し殺したままカラダだけの関係を続けるのは苦しくて──……!? ホスト×刑事、対極の2人が織り成す、すれ違いLOVEシリーズに描き下ろしを加えた著者初の麗人コミックス!!

 

警視庁捜査一課の津積は、何よりも事件捜査が好きな変人刑事。不謹慎で毒舌だが、鋭い勘と洞察力で事件解決の糸口を見つける。そんな津積の相棒・佐久間は、半年前に所轄から異動してきた新人。真面目で無愛想、そつのない仕事ぶりは可愛げがない。しかし、ある事件を機になぜか佐久間が変調をきたす。突如として発情した佐久間の、普段とはまったく違う表情に好奇心を刺激された津積は求められるままに佐久間を抱くが――……。

連載前に無料配布した「続きはまた夜に」とのコラボ漫画6pと津積と佐久間の甘~い描き下ろし9pも収録!!

 

 

うちの子は字が書けない 発達性読み書き障害の息子がいます

 

 

こちらはルポ・エッセイ漫画です。

未読ですが、読んでみたいと思っていました!(*^^*)

 

小学2年生になってもなかなか字が書けるようにならなかった息子・フユ。ノート1ページの漢字練習に1時間かかる、板書が追いつかない、テストの点がとれない。まわりからはただ“勉強ができない子”と見えてしまっていた。
たまたま参加した講演会をきっかけに知った「発達性読み書き障害」。専門機関に相談し、フユの苦手の正体がやっとわかった。母子二人三脚で、また賑やかな家族のサポートを受け、フユはトレーニングに励む。学校での“特別扱い”、受験・進級、職業選択……さまざまな難局に、フユと家族は──?

 

出版社の垣根を超えた展示イベント、とっても豪華で見ごたえがありましたよー!!

「月の街、花の都」も早速読みました♪

とってもおもしろかったです!

続きが気になりすぎる―!!

イベントは本日2月24日までです。

入れ替わった後半の展示の様子や、サイン会レポはまた次の記事に書きますね☆(≧▽≦)

 

廃墟の街「月光街」に流れ着き、身体を売って生計を立てる一葉。彼は少年自警団のリーダー・ケイに保護されていた。少年たちは不可解な行動をとる一葉を訝しむが、ケイは状況を静観する。一葉の目的とは? そして秘められたケイの正体とは…? 明日なき少年たちの、デストラクション・ラブ・アフェア!!

 

千葉リョウコ 月の街、花の都 展示

ーRinー

1
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BL漫画ふたりがたり , 2019 All Rights Reserved.