BLコミックスを2人の視点で感想をかいていくブログ。好きな作家さんは被るけど読み方や捉え方は違う!?

『J.GARDEN 46』池袋サンシャインシティ☆3回目のJ庭へ行ってきましたー!

WRITER
 
J.GARDEN 46
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは!Rinです☆

3月3日はひな祭り、東京マラソン、そしてJ.GARDEN46!

今回も行って来ました、J庭に。

3回目の参戦です!

天気予報では午後から雨って言ってましたが、朝から普通に降ってましたね。

寒かったですよね。

1回目と2回目のときは朝(と言っても10時過ぎくらい)から並んで参戦していましたが、今回は諸々の事情があり午後からの参戦。

あまりゆっくりも出来ないので13時頃に入り、前もって作ったリストのサークルさんのスペースを回ってサクサク30~40分くらいでお買い物を済ませました!

我ながら早いと思った(笑)

朝から並んでいた方々はもう大方お買い物を終わらせている時間だし、サークルさんでも売り切れも出てくるので、会場は結構まったりモードな感じになっていました。

特に人気サークルさんがいる壁側(壁サー)はほぼ焼け野が原で完売完売。

ですよね、覚悟はしていました。

午前中はもう本当に戦場ですものね!

それでも、思ったよりは買えた気がします!

 

『J.GARDEN 46』戦利品!

 

例えば…

ロッキー先生の「86万円の初恋」の番外編☆

既刊は売り切れていましたが前回のJ庭でゲットしていたので、新刊目指して行きました!

結構ギリギリだったっぽい。

ゲット出来て良かったです!

 

家におかしな人間が住み着いた。派手で、長髪で、コーヒーを淹れるのがうまい、美しい男。自由奔放な美人×地味で寡黙(かもく)な童貞メガネ ★特典ペーパー付き!!★
〈あらすじ〉
こんな甘ったるいのは経験したことがない。俺は童貞なんだと告白しなければならない日がきそうで嫌だ。地元の図書館で司書をしている喜屋武(きやたけ)は、まるで当たり屋のように家に押しかけて来た佐藤(さとう)という男と同居することになってしまう。強引でマイペースな佐藤に振り回されるうち、気づけばあらゆることを許す関係になっていて――

 

☆★☆★☆

 

絶対買えないと思っていた絵津鼓先生の「ラストフライデー」番外編の新刊もゲット出来ました☆

前回のJ庭では即完売だった既刊は委託書店で購入してたのですが、そちらもありました!

たくさん搬入してくださったんですね。

買えてうれしい!ありがたい!!

 

「彼女じゃなくて彼氏じゃダメ?」海が家の仕事の手伝い先で出会ったのは、ラウンジのボーイの欣也だ。最初はただのチャラいボーイに見えた欣也だったけど、ドジな拓海を何度も助けてくれる。だんだん仲良くなっていった拓海と欣也は、なんと二人でデートの練習をすることに!果たして拓海に彼女はできるのか……!?【カバー下(2P)を巻末に収録配信!!】

 

☆★☆★☆

 

西尾メシ先生の新刊は「グリーン・コントラスト」番外編の再集録本でボリュームたっぷり!

 

貧民街出身のスパイ・オズが潜入先で出会ったのは、貴族出身のエリート研究者・ウィル。
一目見た瞬間、その緑色の瞳に懐かしさを覚え、惹かれていく。けれどそこに隠されていたのは、二人の過去を繋ぐ秘密で――?
電子書籍限定描きおろしイラスト1P付き。

 

☆★☆★☆

 

愛だの恋だのセックスだの」のサイン本とお手紙がきっかけで認識していただけて、それからJ庭で必ずご挨拶しに伺う広里かな先生の新刊★

麗人uno!さんで連載の短編「問題はいつも山積み」番外編!

 

恋人と別れた岸は、離婚したばかりの上司・前島と傷心飲み会へ。

酔った岸が「セックスの時はМ」と発言してからお互い意識しすぎちゃって!?

 

☆★☆★☆

 

乙津きみ子先生の「青春ランナウェイ」番外編とオリジナルの新刊も!

 

青春ランナウェイ

青春ランナウェイ

 

とある大学農学部の研究室に集まるクセの強い面々。大学生なのになぜか学ランでやってくる時生は、つるんでいた仲間の悪行を知り抜けようとしてボコられてしまったユキを、憂さ晴らしに連れ出す……。普段から飄々として周囲に真意を掴ませない時生だが、ユキに対しては何か訳ありのようで……。その他、同じ研究室に出入りする恋する乙メン・那積と変人・達弘のマイペース、スローラブも収録!

 

☆★☆★☆

 

柚月りんご先生の「その火はきえない」の番外編とオリジナルの新刊も☆

最近読んで大好きになった作品で、既刊も持ってなかったので「全部1冊ずつください!」と6冊大人買いしちゃいました!

先生もちょっとビックリしてたかも(笑)

 

「……エロいな、秋ちゃん」自分を「ふつう」だと思いたい真面目堅物リーマンの宮澤秋は、ひょんなことから出会ったゲイの桧山瑛二と、借りたタクシー代をタバコで返す関係に。瑛二とキスをしたりセックスまがいに抱き合うのは、借りを返さなければいけないから。だって俺は「ふつう」なんだから……。
優しげな顔で強引に、踏み込んでくる瑛二を拒めない秋。過去への罪悪感と、自分と瑛二の気持ちへの嘘が、まるでタバコの煙のように纏わりついて……。お金から始まった関係が、ふたりの恋と未来に柔らかく火を灯す。苦くて甘い、大人のセンシティブ・ラブ。

 

☆★☆★☆

 

成瀬一草先生は新刊は売り切れていたのですが、前回のJ庭で売り切れて買えなかった「セックス・アンド・ワールズエンド」番外編の後編と、冬コミで販売した再集録本はゲット出来ました☆

 

友人の連帯保証人だったことで、300万の借金を背負わされた泉。東京を離れ、バイクで逃走するものの、追ってきた闇金の男に捕まってしまう。泉が金を持っていないことを知ると、男は実家までついて行くと言う。さらには体を要求され怒りを覚えるが、借金をまけると足元をみられては逆らえない。抱かれたその晩、男が寝ている隙に、再び泉は逃走をはかる。しかし相手はその道のプロ。そう簡単に逃げ切れるはずもなく、捕まっては抱かれる、その繰り返し――。借金取りと不運な青年。イタチごっこの結末は……?

 

☆★☆★☆

 

市川けい先生は冬コミで出した「ブルースカイコンプレックス」番外編「インディゴブルーのグラデーション#4.5」と「こっち向いて笑って」「ルッカットミー こっち向いて笑って」番外編「スパンコール#3」と今回の新刊「インディゴブルーのグラデーション#5」とイラスト集をゲット!

 

古びた本のにおいに混ざる清潔で清廉なシャンプーの香り。かるく目眩がした、放課後――。「静かに本を読める場所が欲しい」と願っていた楢崎は、ひょんなことから学内で有名な素行不良の生徒・寺島のお目付け役に抜擢され、二人きりで放課後の図書室の受付をすることになる。初めこそ会話のない二人であったが、ページを繰る音だけが響く図書室で、楢崎は不思議な空気をはらむ寺島に次第に興味を持ち始める。やがて学校は夏休みに入り、お目付け役もお役御免となるが――。

 

 

などなど。

 

他のも合わせて本日の戦利品は21冊でした!

ウノハナ先生麻生ミツ晃先生桐式トキコ先生一ノ瀬ゆま先生yoshi先生久喜わかめ先生などなど、他にもリストに入れていた先生方の御本は既に完売でした。

今回ゲット出来なかった御本は委託や通販、次回のJ庭で必ず!

 

あっ、そうそう!

今回のJ庭ではフリー入場はしていなかったっぽいです。

前回と前々回は会場販売のパンフレットが売り切れた時点でフリー入場になっていたのですが、わたしが会場を出た14時頃でもまだパンフ売ってました。

あと場所もB・CホールからA・Bホールになってましたね。

A・Bホールのが近くて移動しやすかったです!

 

そして、次のJ庭は10月6日(日)だそうです!

次は朝から参戦したい!!

バタバタだったけど、楽しかったです☆

お庭の後は、糖分補給もバッチリ◎

 

ロクシタンカフェ

 

寒い中、本当おつかれさまでした(∩´∀`)∩

 

ーRinー

 

1
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BL漫画ふたりがたり , 2019 All Rights Reserved.