BLコミックスを2人の視点で感想をかいていくブログ。好きな作家さんは被るけど読み方や捉え方は違う!?

【BLコミック感想】両想いなんて冗談じゃない!!/カサイウカ *一途すぎる25年越しの片想い*

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは!Rinです☆

カサイウカさんの「両想いなんて冗談じゃない!!」読みました!

個人的におじさんものにはあまり興味は湧かず、普段なら表紙でスルーするだろうなって感じですが…

そんなこと思ってすみません、ものすっごくおもしろかったです!!m(__)m

両想いなんて冗談じゃない!!/カサイウカ 作品紹介・あらすじ

神田時造、42歳。高校生の時から親友の芝隆次に片想いを続けて25年が経った。芝からは一番頼りにされているものの、ノンケの友人にその想いを伝えられる筈もなく、いつしか「親友として側で支えられればそういう一生も悪くない」と腹を括るように。しかし42歳になった今、ひょんな事がきっかけで二人の関係に変化が……!?

⚠以下、ネタバレ含みます。ご注意ください!⚠

登場人物 攻&受

≪攻≫
芝 隆次
*42歳・ノンケ・遊び人だが最後に帰ってくるのは、1番頼りにしている時造のところ。
≪受≫
神田 時造
*42歳・ゲイ・仕事人間・真面目・25年間、芝に片想い中。

両想いなんて冗談じゃない!!/カサイウカ コミック感想☆彡

カサイウカさんは初読みです!!

表紙の黒髪の方が25年間ずっと片想いを拗らせ続けていた時造で、短髪の方が片想いされ続けていたノンケの遊び人の芝です。

1冊まるまる、この親友同士のおじさんたちがドタバタしながら恋人になるお話★

25年間貫く片想い!?

時造は真面目でピュアで、長い間片想いを拗らせているが故にちょいネガティブ。

芝は考えるよりもまず行動しちゃう、ポジティブな天然タラシ(笑)

時造と芝は高校の頃からの親友で、時造はその頃(17歳)から芝に片想いをしています。

しかしその想いはずっと胸に秘めて25年の間、親友いうポジションを死守してきました。

25年の間には、女性をとっかえひっかえしてしていた様子も近くで見ていたし、結婚報告もされたし、結婚式にも出席して友人代表のスピーチまでしていました。

いくら、恋や愛を望まずに「親友として側で支えられればそういう一生も悪くない」と腹を括っていたとしても、好きな以上そんなの目の当たりにするのはかなりしんどいですよね。(´;ω;`)ウッ…

そんなこんなを自分の中で乗り越えて、好きな人の親友で居続けていた時造の片想い人生に急展開がやってきます!

芝から呼び出されて告げられた離婚。

浮気がばれて追い出されたと。

そして思いがけずスタートした同居生活!!

パニックしながらも舞い上がって手の込んだ朝食を作ったり、朝から晩まで一つ屋根の下にいる状況に混乱ながらぐるぐる考えてる時造の様子がまたおもしろいです(笑)

更にずーっと守り続けていた親友関係にも変化が…!?Σ(゚Д゚)

拗らせているのは時造だけではなかった!?

実は学生時代、時造の恋心にはなんとなく気付いていた芝。

当時の芝にはその気はなかったし、確認して親友の関係を失くしてしまうのだけは嫌で気付かないフリをしていたそう。

それから卒業して就職をして10年20年と年月を重ねてもう普通の親友だと思っていました。

しかしまだ一途にずっと思われていたことに気付いてしまい、ほだされて今度は気になって仕方なくなっていました。

芝なりに色んな覚悟をして時造のところに転がり込みに来たんですね。

それにしてもやることなすこと色々不器用で唐突な芝でした(笑)

バイトの宇田くん

時造のところで働いているアルバイトの宇田くん。(22歳くらい?)

いつしか2人の見守り役的なポジションになっている彼がとてもいい味を出してくれています。

直接的に何かをしているわけではなく、時に巻き込まれながら一番近くで2人の様子を静観しています。

てんやわんやしている2人の横でいつも冷静で柔軟な宇田くん。

的を射ていることを言ってたり、良いスパイスになったりと、彼の功績はかなり大きいと思います!!

さりげなくフォローして応援している感じがまた上手い。

そんな宇田くん自身も実はすごーく一途な男でした!!

わたし個人的にこの宇田くんがツボです☆(´艸`*)

なので宇田くんの背景がチラ見できたのが結構うれしかったです!!

普段から表情が少なめですが、時造の長年の片想いが叶ったときにたくさん微笑んでるんですよ(^^♪

感想まとめ☆彡

よく考えてみれば25年の片想いって、重い感じがしてシリアス設定になりそうな気もするけど、全くそんなことがなくコミカルに描かれています。

読みながら何度笑ったことか(笑)

かと言って軽いわけではなく、しっかりと重厚感もあり。

ところどころに出てくる回想シーンや時造の心の声には、やはり切なくなりました。

そんな時造の25年の間の想いや葛藤や決意を考えると、思いがけずの両想い展開にも、なかなか素直に喜べずにいやいやいやとなるのもわかりますよ。

やんややんやと痴話喧嘩したりしてるときは、芝さんいきなりこんな押せ押せでちょっと勝手~って思ったりしましたもん。

でも核心を突かれてからの芝さんは、思いのほかちゃんと覚悟をもっていて男前ではないか!と見直しました。

離婚の原因も実は別の真相があって。

芝は隠していたけど、真実の離婚ネタのが本当に萌えるし、時造には知ってもらいたい真相でした!

25年分、しっかり追いかけてくれるのではないでしょうか(*^^*)

描き下ろしでは4年後の2人が温泉旅行に行ってます♬

芝がものすごくいいこと言ってました!!

表紙の感じとおじさんってのでハードル高かったけど、読んでみて良かったです(^^)/

若くもないし綺麗でもなければ可愛くもないし紳士的なおじさまってわけでもないけど(ヒドイ 笑)、だからこそすっごく笑えて感動もしました!!

特徴的な作品なので好き嫌いは分かれるかもしれませんが、おじさん萌えの趣味は全くない私でもとても楽しく読めました(・∀・)

おすすめです♪

ー Rin ー

両想いなんて冗談じゃない!!は本当にオススメ!藤雪も大好きな作品です♪

久々に登場の藤雪です!Rinちゃん読んだのね!

この作品、親友のお話なんですがすっごく面白いの。読む前は中年カプとかにはまったく萌えを感じてなかった私なのですが・・

読み終わったら「あれ?私中年カプ好きかも・・・」と思った作品です。

ずっとずっと友人としてやってきて、振り向いてくれたのに、親友としての関係が壊れるかもしれないと思ったときの怖さだったりがすごく表現されててすっごくイイ作品だと思います。

その壁を壊すのはノンケおじさまの方なのですよね。とにかく素敵。

絵柄は好み分かれるのだけれど、ストーリー重視の人は迷わず読んでみてほしい。

「ジジイになるまで お前を好きにいさせてくれ」ってね・・・ぎゅっときちゃいました。

関係を発展させようなんて思っていなくて25年もこっそり好きでいた人の言葉なんですよね。

ずっと25年、実ることのない恋で片想いで過ごしてきたから・・・振り向かれたら逆に戸惑うのも分かります。

25年の片想いの自分が180度変わるんですからね。

だからそれを考えると、くっついて別れを意識するよりもずっと想い続けて片想いでいるほうが幸せだと感じるのもわかる気がするなぁと。

でもねその言葉に応えるように、ノンケおじさまの方が「俺に25年追いかけさせろ」って。こちらも覚悟がスゴイ。

長年の想いってすごく深くて、そういうのがしっかり読み取れる作品。何度読み返しても面白いと感じます。

終盤の一線越えようとするときの描写も必見です。じわっときちゃいました。

個人的には・・・え?受こっち?っていう意外性があったのでそれもポイント高し★ほんとに面白いので是非!!!

一線こえた後の・・・・オチも素晴らしくて////。じわっときてクスっとなってほんと色々な感情が楽しめるのも推しポイント。

この作品は藤雪も文句ナシの★5作品♪絵が苦手~って思った人もぜひぜひ読んでみて下さい。

そして・・・実はね、この2人にはその後があるって知ってましたか?

ワタクシ、雑誌も読むのですがそこにスペシャルショートとして掲載されていました。

もうね涙涙しちゃったくらい良かった。スペシャルショートだから短いのだけれど、すごく素敵で。

別にどちらかが泣いてるとかじゃないのだけれど、2人の言葉にぎゅっとなってしまうの。

くっついてから10年後の2人なのですよ。

興味のある方は是非!電子で分冊みたいな形で読めるので2チケで雑誌の内容が読めます。

>>>>Canna Vol.50号記念スペシャルショート【翌朝】3

とアツク語ってしまいましたが・・・超オススメ作品です★

0
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BL漫画ふたりがたり , 2018 All Rights Reserved.