雨隠ギド『青年発火点』きゅんとなるピュアBL漫画感想

おすすめ!一途でピュアなボーイズラブ漫画が読みたい人は読んでみて!
大好きな作品です。この2人には本当にきゅんとなってちょっと切なくなって、ほのぼのして・・・何度も読み返してしまいます。この2人に関しては「青い鳥より」で完結しますが、今回紹介する「青年発火点」は2人の出会いから高校時代・卒業してからのお話。

甘酸っぱい青春時代のストーリーになっていますので、読みながらぜひこのあまずっぱ~い感情を味わってほしいなと思います(n´ω`n)

青年発火点/コミックス情報


新書館/ディアプラス

高校生の学は、超草食系の見た目に反してエロ雑誌でライターのバイトをしている。ある日、モテるのに恋愛ごとに疎い下級生の山隈と知り合い……? あまくてにがい初恋ダイアリー

5 ピュア
藤雪

先輩・後輩BL ピュア きゅん 甘酸っぱい

作品の主な登場人物

山隈(攻):高校の後輩。一途でまっすぐ。

目白(受):高校の先輩。一途でまっすぐ。

ピュアラブ・一途愛にさらに甘酸っぱい青春

この作品はとってもとってもかわいい作品になっていると思います。というのも・・・・山隈も目白くんもすっごくキャラがかわいらしくていじらしい

目白くんはエロ雑誌のライターをしているのですが、そんな彼の文章で興奮しちゃった山隈に思わず赤面しちゃったり。

この描写が初々しくてこちらまで赤面しちゃいそうでした。エロ雑誌のライターといってもそれは妄想で・・・というのも面白いです。目白くんはわりと達観しちゃっている感じがしますよね。

いつでも冷静というか、落ち着いているというか。山隈くんがお姉さんの仕事に関していいイメージがなく、すぐ怒ることに対してもしっかりアドバイスしているし、、、。

そんな目白くんですが恋愛には疎いのも私的にはポイント高い。ついでに山隈くんもピュアというのも好きな設定です(n´ω`n)

この作品の好きなところは、二人で一緒に大人の階段を上がっていくというのが読める点ですね!

甘いだけではなくて酸っぱい

この2人、最初は(´∀`*)ウフフって読めるんですけど、きちんと酸っぱい思い出もあるのですよね。2人いればきっと楽しい高校生活だったでしょうが、2人でいるから辛い高校生活でもあったのかも。

好きだから誰かを守りたい、そのことでとった行動で距離ができてしまったのが本当につらかったです。

この箇所は急に話が飛んで、大学生の目白くんが出てきた後に過去の回想へと戻っていきます。

目白くんは山隈くんの事をすごく気にしている自分に気が付いて、色々な事が気になってきてしまうんですね。

モテる山隈くんに声をかける女の子たちをみてはドロッとした気持ちが生まれ、もっと彼には自分ではなくていい物語があるハズだと。。。

そしてちょっとした出来心ですべてが変わってしまったんですよね。山隈のクラスメイトに学校でイチャイチャしているところを見られてしまった2人。そして目白くんはそのことを自分がすべて被って山隈くんとも離れていってしまいます。

大学になるまで会話すらしてなかったの(´;ω;`)

動き始める2人の時間

そして。。。再会。再会は名島の計らいというか策略というか・・・。でもこのことがきっかけでしっかり向き合う事が出来た2人。

(あの時 どっちか片方だけでもちゃんと言葉にしてたら・・・)

本当にこのシーンはぐっときてしまってジワリ。すれ違いって、やっぱり言葉足らずで起こること多いと思うのですよね。どちらも自己完結してしまってその時はそれしか見えなくてすれ違っちゃう。

どちらか片方がきちんと気持ちを口にしていたら・・・本当にもっともっと楽しい時間を過ごすことができたかもしれないのにと思ったら一気に感情移入。

そして目白くんは他の誰でもない、これは自分と彼との物語なのだとしっかり話をしようと決心します。

きちんと言葉で気持ちを伝えたときの固まった山隈くんはかわいらしかったですね(笑)まさかのセリフだったのでしょうね。このことからもやっぱり自己完結していたのだなぁ~って思ってしまいました。

お互いの気持ちを確かめ合ってからの2人はもうかわいいしドキドキするし、ぐっとくるしでいう事ありません(n´ω`n)

山隈くんのストレートな感情もすっごく好きですが、目白くんのこの草食系らしいところも好きだなぁと思える作品ですよ。

Conclusion

この2人は「青い鳥より」という作品で完結します。(こちらでも一応は完結していますが、読んでほしいのであえて)。こちらは本当に青春というか若いからこその感情だったり行動だったりが読める作品。「青い鳥より」はここからさらに大人になった2人のストーリーになっています。

ピュアな作品にちょっと切なさがある方が好き!という人はぜひ読んでみてください。ピュアな2人だからこそ・・・ぐっとくるものがあります。
青い鳥よりはまた改めて感想を書きたいと思います。

青年発火点 雨隠ギド/新書館 (2014/6/30)

 

青い鳥より 雨隠ギド/新書館 (2015/10/30)

 

青年発火点の関連記事

雨隠ギド『青年発火点』きゅんとなるピュアBL漫画感想

2016.10.09