BLコミックスを2人の視点で感想をかいていくブログ。好きな作家さんは被るけど読み方や捉え方は違う!?

【BLコミック感想】いっそ声がなかったら/猿和香ちみ「すみません」より「ありがとう」

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんばんは!Rinです☆

猿和香ちみさんの「いっそ声がなかったら」読みました!

吃音(きつおん)の子が主人公のお話。

エロはあっさりめでストーリー重視の作品です。

難しいテーマを取り入れてますが、とてもわかりやすくて重いわけでもなく、ストーリーにとても好感が持てました(*^^*)

じんわりとするステキな作品です☆

いっそ声がなかったら/猿和香ちみ 作品紹介・あらすじ

「けっけけけ、けっ結構ででです!!」
吃音(きつおん)に悩む清掃員の六瀬は、清掃先の会社で出会ったエリート社員・高科から目を離せずにいた。大勢を前に流暢にプレゼンを行う高科の姿は自分の「憧れ」そのもの。小さな片思いを育てていた中、高科の前で、吃音が出てしまって――!? 人の気持ちが分からない系エリート×吃音コンプレックスの清掃員。コミュニケーションに問題のある2人が恋をする。単行本描き下ろしはあまあまトロトロH。

⚠以下ネタバレ含みます!ご注意ください。

 

 

登場人物 攻&受

《攻》

高科 亨(たかしなとおる)

エリート会社員。仕事はすごく出来るが、周りの人とのコミュ力は低め。

《受》

六瀬 瑠莉(ろくせるり)

アルバイトの清掃員。吃音に悩んでいる。素直で純粋。他人想い。

それぞれの悩み

ビルの清掃員のアルバイトをしている瑠莉くん。

吃音であることをコンプレックスに思っていて、悩んでいます。

すごく気ぃ遣いで遠慮がちだけど、素直でまっすぐで他人想いの優しい子。

とても感受性が豊かで、照れたり笑ったりビックリしたり、よく泣いていて表情もたくさんでかわいいですね!

髪の毛が両方ピヨッってなってるのも、瑠莉くんらしい(笑)

高科さんは、仕事は出来るけど人の気持ち云々よりも合理的な性格。

相手が傷つくかもとかあまり考えずに発言しちゃうことが多々あり表情も動かないので、本人が思ってる以上に周りから近寄りがたいと思われている感じ。でもモテる。

アルバイト先の会社のエリート社員の高科さんが会議で堂々とプレゼンしている姿を見てから、密かに憧れていました。

ある日、高科さんの落とし物を届けたことで知り合いになり、山を越え谷を越え惹かれ合って近づいていくお話。

他の社員の人もちょいちょい絡んできますが、結構キャラ濃ゆい女子社員が1人登場します。

「スカッとジャ〇ン」に出てきそうな…(笑)

1番に敵視?八つ当たり?していた瑠莉くんに、どうしようもない気持ちを汲んでもらってからは少々態度を改めてたけど、苦手な方は要注意です!

とは言え、あのプチ修羅場は瑠莉くんの人柄が伝わるシーンでもあるので、すごく大事にしたい出来事だなと感じました!

高科さんも筋が通ってるオトコだなぁと思いましたよ☆(`・ω・´)

吃音について知ることができた

吃音についてはざっくりとした知識しかなかった私でしたが、この作品を読んで知れたことがたくさんありました。

どんなことでも、当事者にしかわからないことってたくさんありますよね。

周りはそれを想像でしか考えられないので、厚意のつもりでしたことや言ったことが裏目にでたり根本的に違っていたり時には相手を傷つけてしまったりというのは、実際でもすごくありがちなことだなぁと思いました。

この作品でも、2人の関係が良い感じになってきた頃に高科さんの“理解したつもり”が少々暴走してしまい、瑠莉くんを傷つけてしまいます。

そんなときに、身内にも隠れ吃音の兄弟がいた同僚に話を聞いて、高科さんは自分が見当違いだったことを痛感します。

このお団子ヘアの同僚さん、ナイスアシストだと思いました!

当事者じゃなくても身近で見てきてリアルの声を聞いてて、全てではないにしろ理解が深い人の存在って大事ですよね。

高科さんにわかりやすく置き換えてかみ砕いて伝えている内容が、読み手側にもとてもわかりやすく伝わってます。

その中の1つの表現が、カバーのイラストになっていますね。

これは本当に勉強になりました。

そして2人も仲直りできて良かった(*^^*)

感想まとめ

合理的過ぎて表情筋もないような高科さんと、吃音に悩み諦めてきたこともたくさんあった瑠莉くん。

そんな2人が一緒にいることで、高科さんは周りと関わるようになってきたり、瑠莉くんも色々と前向きになったり、良い影響を与え合って成長している2人が微笑ましいです(^^)

悪気がなくても自分に非があると気付いたときに、相手が誰でも言い訳一つせずに心から謝罪できる高科さんが素敵だと思いました。

ただ、高科さんはゲイだったのかそれともノンケだけど瑠莉くんだからなのかもよくわからないし、エロシーンもあっさり少なめなので、BLだけどBLっぽさは低めかも?

ページ数足りなかったのかなぁ~だろうな~って感じました。

それでもというか、それ以上にすごく勉強になったし、読んで良かった作品です!

「すみません」も「ありがとう」も同じ5文字★

「ありがとう」と高科さんの名前をたくさん言えるようになった、幸せそうな瑠莉くんを見られてうれしいです(´∀`*)

真摯で奥深い内容も、ハッピーエンドも、とても良かったです♪(∩´∀`)∩

スピンオフもあった

スピンオフ、記事書いてて知りました(笑)

社畜が恋して何が悪い!」が高科さんの部下のお話。

猿和香さんこのとき2ヵ月連続で新刊を発売してましたが、タイトルが全然違うので関係ないと思っていました。

こちらは未読でサンプル読んだだけですが、おもしろそう☆

近々読んでみたいと思いました(/・ω・)/

 

💕 明日(7/7)、橈やひろさんのサイン会行って来ます~★楽しみっ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

-Rin-

1
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© BL漫画ふたりがたり , 2018 All Rights Reserved.